きまぐれレビュー  No.061
<THE バスコレクション 小田急オリジナルバスセットU>
きまぐれレビュー表紙へ



初売り:2013年05月26日 小田急バスフェスタ@登戸営業所
品番:K095/K096  価格:1500円

初版アップ:2013年05月30日



BX352&エルガの初版に続く第2弾「「小田急オリジナルバスセットU」が発売されました。 各所でイベントラッシュの様相を呈していた同日ですが、新設された登戸営業所にて開催された小田急バスフェスタは各グループ会社から参加した展示車両も合わせなかなかの盛況だったようです。

今回も何時もの通りレビュー的なものを書いてみました。 〜とは言えこのセット正直書く事がない…(汗
その為何時にも況してあっさり風味…完全に見たまま製品紹介です。


品番K095 三菱(ニュー)エアロスター (前折/中4枚折戸・PKG-ボディー)

プロトタイプは吉祥寺営業所に投入されたKC-MP317M、A5130号車です。

成型色 : 白  方向幕 : 吉06 神代植物公園経由 吉祥寺駅  車番 : A5130

 
品番K096 三菱エアロバス (PJ-・プラグドア・空連仕様)

こちらは空港連絡線用町田営業所に所属するF1018号車がプロトタイプなようです。
翼を模した小田急グループカラーが映えます。

成型色 : 極薄アイボリー  方向幕(LED表示) : 羽田空港  車番 : F1018




= 特徴など =

4枚折戸仕様のエアロスターはPJ-以前の形態が製作されていないようで……
以前発売された名古屋市交通局セットと同じくPKG-ボディーの流用で製作されています。  エアロスターK用クーラーが使用されているのも同様、これらは致し方なしでしょう。

ただ、このA5130号車はツーステップ車ですので、扁平タイヤではなく通常のタイヤで良かった気も。 名古屋市セットはきっちり通常のタイヤを履いているのですよね、、、 余剰パーツがあるなら履き替えてみると良いかと思います。

ボディーは動力ユニットフレンドリー仕様、窓パーツも動力ユニット組み込み時に邪魔になる前扉下のリブが削除されました。 (※パーツ番号・窓形態は左の名古屋市のものと同じです)

神奈川に住んでいると何かとよく見る小田急グループカラー、翼を模した模様も卒なく仕上がっています。
プラグドア・空連仕様・PJ-以降のホイールベースが短くなったタイプ=側面窓ガラスを除けば14弾ことでんバスと同じパーツ構成です。 窓ガラスは1・5番目のユニットが固定窓となっています。

犬のマークは灰色と銀色を使って立体感を表現してあります。
好みは分かれそうですが、正しく「工夫」ですね。

エアロバスのプロトタイプはPJ-仕様ですのでWB6000mmの短いタイプ。 この通りKL-以前のものと比べるとホイールベースが短いのが特徴です。 この他、バスコレでは床下が全室ラゲージスペースの空連仕様と、前輪直後にクーラー機器が乗った一般タイプも作り分けています。

クーラーユニットはKC-とは異なる4FAN一体型を使用。 こちらも14弾ことでんバス製品と同様です。




= パッケージなど =

箱については概ね大丈夫っぽいですが、運が悪かったのか開封痕らしき跡があるものがありました。 抜き取り検査の跡なのかなぁ、、、 個人的にはどうでも良い事ではありますが、そうは言っても露骨にツメを引っ掛けたような跡もあるものはやっぱり・・・ 自分向けならいざ知らず、代理購入等で人様に差し出す場合困ってしまいます。少し配慮して欲しいな、、

■付属のステッカー

・A5130号車用方向幕
「小田急」 「吉祥寺営業所」 「吉02 深夜バス 千歳烏山駅」

・F1018号車用方向幕(LED表示)
「吉祥寺駅」 「新百合ヶ丘駅」 「成田空港」


〜〜ざっとこんな感じでしょうか。

関連ページ : バスコレパーツ構成一覧表




きまぐれレビュー表紙へ       blog-TRMへ

Copyright(C) 2013MrT(hiro,T) All rights reserved