きまぐれレビュー  No.048
<THE バスコレクション 京浜急行バスオリジナルバスセット3>
きまぐれレビュー表紙へ



初売り:2012年05月27日 京急ファミリーフェスタ 2012 @ 久里浜工場 京急バスブース
品番:K079/K080  価格:1400円

初版アップ:2012年05月30日  最終更新:2012年06月03日(小修正)



おっかしいなぁ。 京急ファミリーフェスタでバスコレを売る時は大雨がデフォじゃなかったっけ?(笑
いやいや、当日は晴天に恵まれ日焼け必至。鼻の頭がとっても痛い管理人です。 

「京急バスセット3が出るならこの辺りの車種だろうな……」

〜このような安易な予想まんまと言いましょうか、今回はガーラとキュービックの組み合わせ。
各車共に初お目見えのパーツが一つずつ使われておりました。



品番K079 いすゞガーラT (後面横一枚窓タイプ・KL-バンパー)

なんだか私の地元でもよく目にする気がする旧ガーラ。 以前ホビーショーで挿絵には登場していたものの、実際には未発売だったリアウインド横一枚タイプが製品化された事は特筆に価するでしょう。
衣笠営業所に所属するKL-LV718R2がプロトタイプなようです。

成型色 : 白  方向幕(LED表示) : 横浜駅(YCAT)  車番 : E2138

 

品番K082 いすゞキュービック(U-・前折/中引き戸・方向幕中扉戸袋直前)

こちらは通常11弾製品でいうところの三重交通又は西東京バスのボディーに、ドア側窓に新規パーツを組み込んだ形態になっています。 この窓、通常品で欲しかった……

成型色 : 銀  方向幕 : 京浜急行(衣笠営業所)  車番 : E1253




= 特徴など =

横一枚窓仕様の後部形態。
リアウインド二分割というのがガーラのアイデンティティーなのでしょうか? 窓は横一枚ながら塗装(ラッピング?)でそれっぽく処理されているのが面白いですね。
リアバンパーは灯火類が組み込まれたタイプ(KL-)を使用しています。

色味の違いはこんな感じです。
限定1弾のセレガRと通常16弾の7Eシークレットを足して2で割ったような色かなぁ…
この程度の違いは致し方なし、、、でしょうか。

これまでU-で中引き戸向けには方向幕が中扉直後に付くタイプしかありませんでしたが、ここに来てようやく中扉の前にあるタイプが製品化されました。 部品番号は刻印が無いので不明です。
幕には衣笠営業所と電話番号まで再現されています。

今回のキュービックでは赤帯の色が若干冴えないイメージ、、朱色っぽくなっています。
個人的には16弾の7E、若しくは限定1弾のエルガの色が青も含めて最も似いる気がしています。




= パッケージなど =
ステッカーは以下のような内容です。

■ガーラ用方向幕(LED表示)
横須賀市民病院 / 電力中央研究所 / 佐島マリーナ

■キュービック用方向幕
逗15 逗子駅(衣笠駅発) / 須1 税務署経由 横須賀駅 (衣笠十字路発)

プロトタイプが衣笠営業所所属の為か、高速車の割にはとってもローカルな行き先が…(笑

1弾以外を並べてみた図

かつては「京急バスって1弾以降なかなか製品化されないね」〜なんてイメージがあったものですが、今ではコンスタントに発売される事業者限定に加え、◎◎セットにも定番のようにに登場しているお陰で、いつの間にかこのような楽しい状況に^^ しかも、ちょっと色気を出してボンネットバス等を入れたがる事業者とは違い、比較的オーソドックス且つよく見るであろう形式を揃えているお陰でとても買い易く、製品を並べるだけでもそれっぽい形になるのが素晴らしい。さらに近日5Eまで登場と…全く羨ましい限りです。

神奈川のあの事業者もこの展開を期待したいなぁ。 遅れに遅れてバスコレ界では無いものとして扱われそうになった散々な状態ですが、ファンの多さという武器を手に一気にごぼう抜き! 是非大外からまくってもらいたいなぁ…… なんて、皆さん地元の事業者にはこのように思っているかも知れませんね。

最後に一点だけ。
このように露骨に指を入れた跡があるものは当然として、細かく言えば爪を立てた跡まで含めると、今回何らかの開封痕があるものが多く含まれて居ます。 特にイベント会場で元々袋に入れてあったものに多い気がします。 勿論私個人的にはこのようなものは気にしませんが、依頼されて購入するケースの場合人様に差し出すにはちょっと躊躇してしまいます。手間でしょうけれどもう少し丁寧に扱って欲しいナ…


関連ページ : バスコレパーツ構成一覧表




きまぐれレビュー表紙へ       blog-TRMへ

Copyright(C) 2012MrT(hiro,T) All rights reserved