セット新規 28 日野ブルーリボン HT/HU(M尺/標準尺) ※小リニューアル

・2009年3月:初製品化 N011~015「日野ブルーリボン HU/HT5台セット」
・2019年6月:屋根上クーラーカバー(エバポレーターカバー)を別パーツ化 N233「バスコレで行こう13 長電バス 志賀高原シャトル」

第2弾の短尺仕様ではなく標準尺としてラインナップに加わりました。
バスコレクションは第6弾の5Eまでは金型は職人の手による工程が多く第2弾の短尺車もこれに則っていましたが、この製品ではほぼ機械彫りによる工程で新規製作されています。
従ってよく観察すると第2弾とは各所形状や細かいディティールが異なっています。

品番 製品 ボディー 側面窓パーツ 内装パーツ シャシー ホイール 他パーツ
タイプ ドア形態 屋根上クーラー
一体成型/別パーツ方式
前面仕様 FOGランプ
形態
テール 成型色 ドア側 運転席側
N012 日野ブルーリボンHT/HU5台セット
京王電鉄バス
一般ディーゼル車 前折/中引き戸 日野HU/HTクーラー
車体一体成型
(取り外し不可)
丸4灯
モールあり
丸×2 角型2連×2 アイボリー 上下サッシ窓・中引き戸用
方向幕中扉直後
(G184)
上下サッシ窓
(G183)
前/中扉用
(S32)
C-19
C19-1
8穴スチール
(標準)
丸型ファンカバー(旧小さめ)×2
N013 日野ブルーリボンHT/HU5台セット
京浜急行
上下サッシ窓・中引き戸用
方向幕戸袋直前
(G185)
-
BM004 走行システム基本セットB2
広島電鉄
メトロ窓・中引き戸用
方向幕中扉直後
(G504)
メトロ窓
(G503)
丸型ファンカバー(旧小さめ)×2
- 走行システム基本セットB2
付属無塗装品
灰白 丸型ファンカバー(旧小さめ)×2
K099 ジェイ・アール北海道バス
オリジナルバスセット2
角4灯
モールなし(凹みあり)
角×2 上下サッシ窓・中引き戸用)
方向幕中扉直後(サッシレス)
(G506)
上下サッシ窓
(G507)
-
N011 日野ブルーリボンHT/HU5台セット
東武バス
前折+中引+後折戸(3扉)
※後折戸上部のみ窓開口
丸4灯
モールあり
丸×2 柿種×2 アイボリー 上下サッシ窓・3扉用
方向幕前扉直後+後扉直前
(G186)
上下サッシ窓
(G183)
前/後扉用
(S33)
丸型ファンカバー(旧小さめ)×2
N014 日野ブルーリボンHT/HU5台セット
名古屋市交通局
※3 角型2連×2 アイボリー 上下サッシ窓・3扉用
方向幕前扉直後
(G187)
前/中扉用
(S32)
丸型ファンカバー(旧小さめ)×2
346 THEバスコレクション第28弾
名古屋市交通局
初期HIMR車
右側面HIMR初期仕様
前折+中引+後折戸(3扉)
※後折戸通し窓仕様
日野HT/HUクーラー 角型3連 白近似
薄アイボリー
メトロ窓・3扉用
(G838)
メトロ窓
(G503)
前/後扉用
(S33)
角型ファンカバー×1
N018 熊野古道・熊野本宮大社セット※1
龍神バス
一般ディーゼル車 前折/中2枚折戸 日野HU/HTクーラー
車体一体成型
(取り外し不可)
角4灯
モールなし(凹みあり)
角×2 上下サッシ窓・中折戸用)
方向幕中扉直前(サッシレス)
(G669)
上下サッシ窓
(G507)
-
N015 日野ブルーリボンHT/HU5台セット
京阪バス
前折/後引き戸 丸4灯
モールあり
丸×2 逆T窓・後引き戸扉用
(G188)
逆T窓
(G189)
前/後扉用
(S33)
丸型ファンカバー(旧小さめ)×2
N159 JRバス関東 発足30周年記念セット
M527-92605号車
前折/後折戸 柿種×2 上下サッシ窓・後折戸用
(G728)
上下サッシ窓
(G507)
-
N233 バスコレで行こう13※1
長電バス 志賀高原シャトル
日野HT/HUクーラー 角4灯
モールなし(凹みあり)
※モールは印刷表現
角×2 角型2連×2 クリーム
※2
-
N234 関越交通×ヤマト運輸客貨混載バス 屋根上クーラーなし
※モールは印刷表現
-
345 THEバスコレクション第28弾
アルピコ交通
後期HIMR車
エンジングリル左側面3段
右側面HIMR後期仕様
前折/後折戸
※3段エンジングリルあり
T窓・後折戸用
(G839)
T窓
(G840)
-
屋根上マーカーランプは印刷表現

※1 実車は長尺(P尺)ですがバスコレでは標準尺(M尺)のボディーをベースに製作されています。
※2 実車は大型方向幕ですがパーツに合わせて小型幕にアレンジされています。また、後ろ扉は印刷により小型窓を再現していますが、実車にもフルサイズの窓と同じ個所に溶接痕(スジ)がありますので見た目は然程問題にならないかと思われます。
※3 製品化当時は後扉の通し窓仕様が無かった為上部のみ窓が開口している東武バスと同じボディーで流用しています。後のバスコレ28弾で通し窓仕様を新規製作。