10 日野 セレガ(旧タイプ)

・2008年8月:初製品化 109/111/112/113/116/117/119/120/S018 「ザ・バスコレクション第10弾」 セレガ/セレガ-R FD(フルデッカー)GD(グランデッカー)を製品化。
・2009年5月:金型改修 セレガR-FDの前面窓ガラスの大きさと一部パネルラインを修正。K048「京浜急行バスオリジナルセット」
・2015年1月:金型改修 セレガ-FDの前面窓ガラスの大きさと一部パネルラインを修正。N070「広島バスセンターセットA」
・2017年8月:セレガR-FS(スーパーミドルデッカー)を製品化。N132「バスコレで行こう4 北鉄能登バス門前急行」
・2019年2月:セレガFS(スーパーミドルデッカー)を製品化。N207「東京国際空港(HND)バスセットA 関東バス」

GDグランデッカーとFDフルデッカーの作り分けを基本に、前期/後期(セレガ/セレガR)の違いや、ドア形態、床下トランク部分、ホイールアーチの形状、リアウインドウの大きさなどの作り分けで構成されています。
特徴的な形状の純正ホイールキャップを表現したパーツも用意されました。
後にFDの前面窓ガラスの大きさが修正され、FSスーパーミドルデッカーもラインナップに加わりました。※5

品番 製品 ボディー 窓パーツ形状 内装
※3
ホイール シャシー
※3
その他
ドア形態 FD前面改良
※5
FS前面
ワイパー基部
後面窓
※7
タイヤハウス
形状★
ドア間床下 ※1 成型色 前面窓 ドア側(左側面) 運転席側(右側面) 着色
 セレガ・FS(スーパーミドルデッカー) <U-・KC-/初期型>
N207 東京国際空港(HND)バスセットA
関東バス
折戸 - 合掌向け FS標準 台形 冷房機器+荷物室
(一般観光・路線向け)
FS用
2枚分割窓
合掌ワイパー
FS用
全メトロ窓
FS用
全メトロ窓
- 4列シート
(S23)
10穴アルミ※2
トピー工業タイプ
エクスモード/非扁平)
C12 リヤウイング(別パーツ)
丸型ファンカバー(中)×2
 セレガ・FD(フルデッカー) <U-・KC-/初期型>
113 京王電鉄バス 折戸 × - FD/GD標準 丸形 冷房機器+荷物室
(一般観光・路線向け)
FD用
跳ね上げワイパー
高さ方向大※5
FD/GD共通
全固定窓
(逆T窓は印刷表現)
FD/GD共通
全固定窓
(逆T窓は印刷表現)
- 4列シート
(S23)
8穴スチール
(非扁平)
C12 -
S018 富士急行
(バスコレ10弾シークレット)
× - 薄緑 ※5 FD/GD共通
T窓+最前最後部固定窓
FD/GD共通
T窓+最前部固定窓
10穴スチール
+ホイールキャップ(非扁平)
-
- バスコレクション10弾
専用ケース付属無塗装バス
× - 灰白 ※5 - 無塗装
N080 広島バスセンターセットA
広島電鉄(クレアライン)
プラグ - FD用
跳ね上げワイパー
高さ方向小(改良品)
FD/GD共通
T窓+最後部固定窓
※最後部T窓は印刷表現
FD/GD共通
全T窓
薄青緑 ISO10穴アルミ
(非扁平)
-
N119 熊野古道・熊野本宮大社セット
熊野交通
- 極薄
アイボリー
FD/GD共通
全T窓
ブロンズ
※4
-
 セレガ・GD(グランデッカー) <U-・KC-/初期型>
111 JRバス関東 折戸 - - FD/GD標準 丸形 冷房機器+荷物室
(一般観光・路線向け)
GD用
跳ね上げワイパー
FD/GD共通
T窓+最前最後部固定窓
FD/GD共通
T窓+最前部固定窓
- 4列シート
(S23)
8穴アルミ
(非扁平)
C12 内装スペーサー(上げ底)
117 近鉄バス - - 冷房機器+荷物室+寝台
(夜行/長距離路線向け)
FD/GD共通
全固定窓
FD/GD共通
全固定窓
ほぼ黒
※4
3列シート
(S24)
内装スペーサー(上げ底)
 セレガR・FS(スーパーミドルデッカー) <KL-/後期型>
N132 バスコレで行こう4
北鉄能登バス
折戸 - 合掌向け FS標準 台形 冷房機器+荷物室
(一般観光・路線向け)
アイボリー FS用
2枚分割窓・合掌ワイパー
FS用
T窓+最後部固定窓※6
FS用
全T窓※6
- 4列シート
(S23)
ISO10穴アルミ
(非扁平)
C12 リアウイング(別パーツ)
286 茨城交通 - - 10穴アルミ※2
トピー工業タイプ
エクスモード/非扁平)
リアウイング(別パーツ)
313 バスタ新宿 ジェイアールバス関東 - 跳ね上げ向け FS小窓 FS用
跳ね上げワイパー
- 10穴アルミ
トピー工業タイプ
エクスモード/非扁平)
※エアロキング用と同形状
リアウイング(別パーツ)
285 北海道中央バス - FS標準 極薄
アイボリー
FS用
全T窓※6
- 10穴アルミ※2
トピー工業タイプ
エクスモード/非扁平)
リアウイング(別パーツ)
288 名阪近鉄バス プラグ - クリーム FS用
T窓+最後部固定窓※6
グリーン
スモーク
ISO10穴アルミ
(非扁平)
リアウイング(別パーツ)
287 伊那バス - 極薄
アイボリー
FS用
逆T窓※6
FS用
逆T窓※6
スモーク 10穴アルミ※2
トピー工業タイプ
エクスモード/非扁平)
-
 セレガR・FD(フルデッカー) <KL-/後期型>
120 南国交通 折戸 × - FD/GD標準 丸形 冷房機器+荷物室
(一般観光・路線向け)
FD用
跳ね上げワイパー
高さ方向大※5
FD/GD共通
T窓+最前最後部固定窓
FD/GD共通
T窓+最前部固定窓
4列シート
(S23)
10穴スチール
+ホイールキャップ(非扁平)
C12 -
119 伊予鉄道 プラグ × - FD小窓 ※5 FD/GD共通
全固定窓
FD/GD共通
全固定窓
ほぼ黒
※4
3列シート
(S24)
-
K043 川中島バス5台セット × - FD/GD標準 ※5 ※2
※逆T窓は印刷表現
※2
※逆T窓は印刷表現
ほぼ黒
※4
4列シート
(S23)
8穴アルミ
(非扁平)
-
112 東京空港交通 × - 台形 全荷物室
(空連・路線向け)
※5 FD/GD共通
T窓+最後部固定窓
※最後部T窓は印刷表現
FD/GD共通
全T窓
ほぼ黒
※4
8穴スチール
(非扁平)
デンソークーラーE
N117 熊野古道・熊野本宮大社セット
明光バス
- 青紫 FD用
跳ね上げワイパー
高さ方向小(改良品)
FD/GD共通
全T窓
- ISO10穴アルミ
(非扁平)
※運転席窓下側面の
モール成型不良改善
K048 京浜急行バスオリジナルセット 折戸 - 丸形 冷房機器+荷物室
(一般観光・路線向け)
FD/GD共通
T窓+最後部固定窓
※最後部T窓は印刷表現
- 8穴スチール
(非扁平)
-
N070 JRバス東北 2台セットA2
(スワロー号) 
-  ↑ - ISO10穴アルミ
(非扁平)
N081 広島バスセンターセットA
備北交通
プラグ - 明灰
※最後部T窓は印刷表現
薄青緑 10穴アルミ※2
トピー工業タイプ
エクスモード/非扁平)
-
 セレガR・GD(グランデッカー) <KL-/後期型>
109 道南バス プラグ - - FD/GD標準 冷房機器+荷物室+寝台
(夜行/長距離路線向け)
GD用
跳ね上げワイパー
FD/GD共通
全固定窓
FD/GD共通
全固定窓
ほぼ黒
※4
3列シート
(S24)
8穴アルミ
(非扁平)
C12 内装スペーサー(上げ底)
116 奈良交通 - - 冷房機器+荷物室
(一般観光・路線向け)
FD/GD共通
T窓+最前最後部固定窓
FD/GD共通
T窓+最前部固定窓
薄青 4列シート
(S23)
内装スペーサー(上げ底)

※1 ボディー下半分~パネル分割線や床下機器部分(コンデンサ開口部など)のディティール違いが再現されています。
※2 京王バスの窓は、形状は一枚窓ですが印刷で逆T窓として表現しています。
※3 内装とシャシーは第8弾西工ネオロイヤル製品と共通パーツです。内装については後のMS8系エアロバス・MS9系エアロエースとも共通化されています。双方組み込む事が可能です。
※4 着色部分の欄にグレー色付けしてある窓パーツはプラ成型時の着色(成型色)の為、溶剤等で色を落とす事が出来ません。
※5  FD(フルデッカー)タイプの中でバスコレ第10弾発売当時の製品は前面パネルの天地方向の寸法がスケールより小さく、同時に窓ガラスが少し大きく製品化されていました。作る事業者によってはそのまま塗装するとラインの高さなど辻褄が合わなくなる場合があります。
   後に前面をスケール通りに改良したものが製品化されています。(表中○があるものが改良品です)この修正によりグレーアウトしている前面窓パーツは絶版となっています。 さらに、これと同時に側面一部パネルラインの修正(右側面非常口下)も行われています。

※6 2017年に発売された<FS>用の側面客窓は最前部のユニットが他のタイプより横方向に0.8mm程度小さく、結果として全体の長さも短くなっています。従って他のタイプへそのまま組み込む事(共用)は出来ません。
   天地方向の寸法は他のタイプと同じなので加工すれば組み込み可能です。
※7 後面窓の高さ方向の大きさの違いです。バスコレではFDとGDの標準タイプは共通設計で当然窓パーツも相互に入れ替え可能、FSの標準タイプについてはFDやGDよりも僅かに小さく、窓パーツもFD/GD用のパーツとは互換性がありません。
   また、FDの伊予鉄道に採用されている小窓タイプと、FSのジェイアールバス関東(バスタ新宿)は寸法的には同じように見えますが、設計時期が違う為に模型上では表現のニュアンス違いなどからほんの僅かFSの方が小さく見える傾向があります。
   窓パーツはについては相互に入れ替える事は可能なものの(表面的な大きさは対応できる)、パーツ自体は別設計でFS用のものの方が薄く成型されていたり、それに伴ってツメの形状も異なっています。これらの事からこの表ではFS用とFD/GD用とは別扱いとしています。

■セレガ・セレガR大型車のラインナップ ★は製品化済み

セレガ/セレガ-R Fシリーズ(他社のハイデッカー車に相当) FM(ミドルデッカー) ★FS(スーパーミドルデッカー) ★FD(フルデッカー)
セレガ/セレガ-R Gシリーズ(他社のスーパーハイデッカー車に相当) ★GD(前面1枚窓) GJ(前面上下2枚分割窓・低運転台) GT(客室部傾斜シアターシート)